睡眠改善薬のじょうずな使い方

  • 夜なかなか寝付けなくて困っている。
  • すぐに途中で目覚めてしまい、ぐっすり眠れない。
  • 寝たいのに眠れないから、次の日にとても疲労がたまる。
  • 疲れすぎて、逆に眠れない。
  • 昼夜逆転してしまい、寝なければならないときに眠れない。

 

そういうとき、とても困りますよね。寝たくても眠れないとき、布団の中でずっと眠気がくるまで待ってしまいますよね。そうすると、なんだか時間を損した気分になります。

 

かといって、布団から出てなにか別のことをし始めると、覚醒してしまって、全然眠れなくなった。ということも多いかと思います。

 

そういうときには、睡眠改善薬を上手に使うのがおすすめです。

 

睡眠改善薬は、睡眠薬とは違います。睡眠薬は、医師の処方箋がないと入手することはできません。一方、睡眠改善薬は、薬局で誰でも購入することができます。

 

成分の違い

 

成分も違いがあります。睡眠改善薬は、ジフェンヒドラミン塩酸塩が含まれているものが多いようです。これは、覚醒ホルモンであるヒスタミンの働きを抑えてくれます。風邪薬で眠くなるのも、この成分によるものです。

 

睡眠薬は睡眠改善薬とは成分が異なります。ベンゾジアゼビン系など、さまざまな成分のものがあります。昼夜逆転してしまってうまく眠れないのは、運動不足や、日光を浴びる量が少ないせいかもしれません。睡眠改善薬は比較的、安全なお薬ではありますが、やはり副作用のリスクがあります。

 

安易に飲まずに、なるべくなら薬に頼らずに眠れるようになるあらゆる手段を試してみましょう。かといって、仕事の都合などで、この日は眠らなければ、というときもあります。そういうときは、体質改善では時間的にも間に合いません。そういう一時的な不眠の状態のときには、睡眠改善薬に頼ってみてもよいかもしれません。もちろん、一時的な不眠の状態ではなく、慢性的に不眠の場合には、注意が必要です。

 

なんらかの精神疾患が原因の場合もあります。そういう慢性的な不眠症の場合には、医師の診断を受けて、必要があれば睡眠薬を処方してもらいましょう。

 

ただし、睡眠薬、睡眠改善薬、いずれも副作用があるだけでなく、飲み続けると耐性がついてくることがあります。身体が薬に慣れてしまうことによって、飲んでも効果を得られない、ということがあります。だからといって、正しい使い方から逸脱して、飲む量を増やしたり、立て続けに飲んだりするようなことはしないでください。耐性がついてしまうことを考えると、長期的に見れば、結局は自分の身体できちんと眠れるように慣らしていかないといけません。