薬を販売できる登録販売者の資格について

薬局で働きたいと思った際に、持っていると良い資格が登録販売士です。

 

薬剤師とは異なりますが、登録販売士の資格を取得してドラッグストアで働く人が増えています。登録販売者資格を取得している従業員を置くことで、薬の誤った購入や使用法による健康被害を減らすことができるとされています。

 

薬で起こる副作用に関しても、登録販売者に相談して薬を選択することで未然に防ぐ事ができると言われています。薬局やドラッグストアでは、登録販売者や薬剤師以外に通常の販売員もいますので、登録販売者や薬剤師の人に相談して薬を選ぶようにしましょう。

 

 

今アルバイトやパートでドラッグストアに勤務している人も、登録販売者の資格を取得すれば仕事の幅が広がります。責任は大きくなりますが、その分やりがいも感じる事ができますし、色々なお客さんを接することでより一層知識を深めていくことができます。

 

お薬は、新しいものが発売されたりしてどんどん変わっていきますので資格を取得してからもしっかり勉強していかなければいけません。そういった部分でも常に成長していくことができるので、資格を取得することで、常にレベルアップしていけると言えます。

 

では薬剤師との違いはどこにあるのかですが、薬剤師しか販売できない薬があります。第一類医薬品に分類されている薬について登録販売士は販売する事ができないとされています。
登録販売者の資格を取得する際には、専門の学校で勉強するか通信教育で勉強すか独学などの方法があります。

 

資格試験を受けるにあたり、これまでは実務経験が無ければ資格試験を受けられなかったのですが、法律の改正で試験を受ける前の実務経験が必要なくなり、以前よりも資格試験は受けやすくなっています。ただし試験合格後に経験を積まなければ登録販売者として登録できないので、ドラッグストアでの勤務経験は必須となります。

 

資格試験を受ける過去5年以内でドラッグストアでの勤務経験が2年以上あれば、試験に合格してすぐに販売者としての登録ができます。やはり経験していなければ知識だけでこなせる仕事ではないということでしょう。確かに薬を選ぶ際に、専門家に聞くことで安心して購入できますが、その専門家がどの程度の知識を持っているのかという事までは消費者では分かりませんので、しっかり経験している人だけが登録販売士として活躍していてほしいです。

 

そのためきちんと資格取得における基準を定めているのでしょう。これから資格試験を取得する人は、しっかり勉強して資格取得に励んでください。