海外製の医薬品などを購入できる個人輸入について

国内のドラッグストアなどで取り扱っていない、海外製の医薬品がありますが、これを手に入れることができるのが医薬品などの個人輸入です。

 

個人で使う分なら医薬品の個人輸入が認められる

 

薬事法では、医薬品と医薬部外品、それに化粧品や医療機器については、日本国内で科学的なデータにもとずいて安全性がたしかめられたものだけが流通し、販売されています。それ以外の海外の医薬品などは、店頭に並ぶことはほとんど無い状況です。しかし個人で購入する程度に限っては、海外から輸入して購入することが認められています

 

。ただし個人輸入したものを人に転売したりということは許されていません。医薬品を日本国内で個人輸入できる理由としては、外国で受けた治療を国内で続けるためだったり、外国人旅行者が常備薬として薬を使えるようにするためです。その延長線上で一般人も外国の薬を輸入することができます。

 

どんな種類の薬が扱われているか

 

個人輸入で購入できる薬などの種類は、病気の治療薬から美容のサプリメントまで多種多様です。取り扱われている薬としては、抗癌剤、抗生物質、性病薬、糖尿病薬、ED治療薬、HIV治療薬、育毛剤などがあり、様々な病気に対応していることがわかります。サプリメントとしては、アンチエイジングや健康のための各種が揃っています。

 

これらは日本国内では安全性が確かめられてはいませんが、外国では安全とされて認可されているものばかりです。ただし国内では考えられないほど強い薬が含まれていることがあり、その点で最新の注意を払う必要があるでしょう。

 

日本国内の薬などでは効き目に納得出来ない人や、有効な治療薬を求める人が個人輸入を頻繁に利用しています。こうした薬品などの価格としては、国内のドラッグストアなどで市販される薬に比べても、かなり高額になっている特徴があります。また、海外製の強い薬の種類によっては、個人輸入でも購入できないものがあります。

 

個人輸入で購入する方法は?

 

販売している店舗から、インターネットのサイトのメールフォーム、電話、FAXのいずれかによって注文ができます。サイトから購入する場合、特定のクレジットカードを所有していないと、購入できない場合がありますので、カードを所持するか、カードが必要のない個人輸入ショップを探しだす必要があるでしょう。個人輸入の薬などを注文すると、海外の店舗から発送されて、日本の自宅に到着するのは7〜10日ほどです。