薬剤師の資格がある場合に就職できる企業とは

はじめに

 

薬剤師になるには国家資格が必要であり、誰でもなれる訳ではありません。持っているだけでは勿体ないので是非仕事に生かして高い収入を得たいものです。薬剤師の資格を活かしてなれる職業にはどの様なものがあるのでしょうか。

 

病院薬局

 

薬剤師が一番活躍できるのが病院です。なるべく大規模な病院に勤めれば、それだけ丁寧に教育して貰えてスキルを身に付けることができると期待する人も多くいます。

 

しかし200床以上の病院の殆どが採用する際に新卒ばかりで、公立病院に勤めたいと思ったら都道府県立の場合、公務員資格が必要になります。私立で大規模な病院の場合、求人が少ない上に非公開で転職エージェントから身元のきちんとした人を紹介して貰い採用することが多く、中々フリーで求人を見つけるのは困難です。病棟服薬指導のキャリアを積みたいと思ったら、中規模でも内部統制が取れている病院を選ぶのがコツです。

 

調剤薬局

 

調剤薬局は病院の薬局よりも働き易いイメージがあり、就職先として人気が増えてきています。調剤薬局には「大手調剤薬局のチェーン店」「大病院の門前薬局」「街中の個人薬局」などがあります。それぞれの調剤薬局で仕事内容に違いがあるので、自分のキャリアプランをしっかりイメージしてから求人を選ぶことが大切です。

 

服薬指導のキャリアを積みたいと思っていたのに調剤に追われる毎日だったり、新薬についての知識を身に付けたいと思ったのに取り扱いが殆どなかったなど、こんな筈じゃなかったと後悔しない様にしましょう。

 

ドラッグストア

 

ドラッグストアは給与が高く、需要が高いのでフリーでも比較的求人を見つけ易いメリットがあります。ドラッグストアは営業時間が長かったり、24時間営業のところもあります。もちろんシフト制での勤務になりますが、夜遅い時間になったり、土日祝日も営業していることが多く、ライフスタイルが変わってきます。

 

企業の研究職

 

薬剤師が企業に就職する際には、製薬メーカーなどで管理薬剤師や治験業務などを行います。ラボでの仕事は優遇されて給与も高く、中堅企業でも福利厚生が充実しています。

 

その他の仕事

 

薬剤師の資格を持っていると、製薬メーカー以外にも就職できます。「化粧品メーカー」では、薬用化粧品の販売許可申請をする業務は薬剤師が行うと決められています。

 

「サプリメーカー」では、ユーザーからの副作用などの問い合わせへの対応を行います。更に各地方自治体に勤務して、医薬品メーカーへの調査や指導を行ったり、保健所で環境衛生や食品衛生の監視人としての仕事もあります。

 

おわりに

 

薬剤師の資格があれば、普通の人は就けない様な仕事をすることができます。自分のやりたい仕事をよく考えて、薬剤師として一生の仕事を見つけましょう。